フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2012 Summer♪ "のんびり Hawaii旅行" Vol.7 [Final episode] | トップページ | 2013 Winter 極寒の北海道へ Vol.2 »

2013年1月20日 (日)

2013 Winter 極寒の北海道へ Vol.1

飛行機のマイルが3月に切れる事が発覚したので(笑)、新年初旅行へ行く事にしました。 目的地は、年末から大雪の便りが届きまくっている北海道。 ホワイトアウトしたらどうしよう? と一抹の不安もありますが、まずは行ってみました。^^;


★2013年1月14日(月・祝)★ 自宅 → 東京(羽田空港) → 札幌(新千歳空港) → 札幌[泊]

昨年末、結婚記念日の前後に病気で寝込んでしまい何も出来なかったのと、嫁さんと付き合いだしてから節目の年を過ぎたので、今回は色々奮発(笑)の準備を進めていました。 その第1弾が飛行機のアップグレード♪ 今回はマイル特典航空券を利用していますが、当日空港で空席があるとアップグレード出来る、、という特記事項があるのです。(^^) 空港に着いてカウンターのお姉さんに聞いてみると、運良く窓際の空席があるとの事。 即追加料金(現金ですが)を払ってアップグレードして貰いました。

国際線は到底無理ですが^^;、国内線なら番頭のヘソクリでも何とか手が届いたのがファーストクラス。 早速専用チェックインカウンターでチェックインします。♪
 出発案内ボード ダイヤモンド・プレミア専用カウンター入口

専用チェックインカウンターは、専用荷物預けのカウンターと専用保安検査場が備えられ、そこからそのまま “ダイヤモンド・プレミア ラウンジ” へ入る事が出来ます。 ラウンジ内は、さすが上品に造られていました。(^^)

ラウンジ内では、とても美味しい ”メゾンカイザー” のパンが無料で頂けました。 朝早く自宅を出発していたので、これが朝食です。(笑)
とても美味しかった朝食♪

朝食を済ませてふと外を見ると、ラウンジすぐ近くのゲートに「JAL嵐JET」が入ってきました。 調べてみると、折り返し大阪・伊丹へ行く便の機材だったようです。
大阪行きの "JAL嵐JET" 大阪行きの "JAL嵐JET"

外を眺めていると、雨の中に白い物が混じって落ちてきています。 霙になり始めたので、天気予報通り雪になりそう。 早めに出てきて正解でした。

出発時間が迫ってきたので、ラウンジを出てゲートへ。 少し離れたゲートへ移動します。 ゲートへ着くと、、、既に搭乗が始まっていました。^^;
これから搭乗する機材

機内へ入りシートへ座ると、程なくCAさんがやって来ました。 『○○様(←番頭の名前)、本日は御搭乗ありがとうございます。』、、と、名前を呼ばれてご挨拶。 さすがサービスが違いますね。 続けて何かサービスのリクエストが無いか? 後ほど機内食の希望を取りに来る旨を言って戻って行かれました。 見ていると、どうやらファーストクラス専属のCAさんは3人いる様子。。 17席に対して3人ですから、かなりきめ細かいサービスが提供されそうです。(^^)

ほぼ定刻に Push Back が始まり、間もなく無事離陸。 上昇中厚い雲を抜ける際少し揺れたものの、雲を抜けた後は雲海を下に見て快適な空の旅に出ました♪
機窓からみた雲海 機窓からみた雲海

水平飛行になり、料理の希望を聞いた後すぐ運ばれてきたのは、まだ朝食時間帯なので洋定食。 一緒に頼んだ、JAL 自慢のコーヒー “JAL CAFÉ LINES“ のブルーマウンテンと一緒に頂きました。 コーヒーは JAL さんが力を入れているだけ有り、今まで飲んだ事のないとても良い香りとしっかりした味が楽しめました。(^^)
ファーストクラスの軽食

ほとんど揺れることなく快適な飛行を楽しんだ後、ちょっと早く新千歳空港へ着陸しました。 ここからはレンタカーですが、予約しているのは12時丁度。 少し時間があるので、改装されて綺麗になったターミナル内を散策する事にしました。(^^)

3階にあるフードコートは綺麗で開放感があり、その脇には “大空ミュージアム” という飛行機の仕組みなどが楽しめるミュージアムが出来ていました。(^^)
新千歳空港 フードコートからの景色 大空ミュージアムにあった飛行機のタイヤ

その後少し早いですが、今回車を借りるトヨタレンタリース札幌さんのカウンターへ。 受付を済ませ、送迎バスに乗り込み営業所へ移動します。 手続きを終え案内されたのは、今回用意されたポルテ。 小さい車ですが、車内空間が広い車です。(^^)
今回借りたポルテ

カーナビをセットし、まず向かったのは何故かコストコ(爆) 北海道に唯一ある “札幌倉庫店” です。^^; 札幌へ向かう道央道・北広島I.C 近くにあったので立ち寄ってみました。(笑) 祝日という事で駐車場も混雑していましたが、屋上部に何とか駐車し、店内へ。 バカでっかいテントがあったり、小型の除雪機があったり、、と北海道らしい商品を眺めてお店を後にします。

昼時はとうに回っているので、遅い昼食を摂る事に。 今回嫁さんからリクエストのあったラーメン店へ向かいます。

高速を使う場所でも無かったので、一般道を走って到着したのは “札幌ラーメン 武蔵” さん。 暖簾の色によって調理する店員さんが分かる、、というこだわりのお店です。 こだわりの麺にしっかりしたスープを美味しく頂きました♪(^^)
札幌ラーメン武蔵さん外観 武蔵さんのラーメン 武蔵さんのラーメン

遅いお昼を終えた後、車に荷物を積んだまま動き回るのは物騒なので宿へ向かう事にします。 一般道をカーナビの誘導に従い進んだのですが、、市内中心部に入っても雪が多いですね~。 繁華街を除くと、住宅街では路肩に除雪した雪がうずたかく積み上がったままのところが多かったです。^^;

そんな光景を見ているうちに今日のお宿に到着しました。 今日のお宿は、 “ホテルモントレ札幌”。 JR札幌駅からほど近い、ヨーロッパ風外観のホテルです。(^^) 車を地下駐車場へ入れロビーへ。 エレベータの階数指示版が機械式の針だったり、、と細部まで欧州風を徹底しています。^^;
ホテルモントレ札幌の外観 中庭? のウィンターガーデン 中庭? のウィンターガーデン 廊下部にあった像?^^;

今回は、インターネットの宿泊予約サイト経由で予約し支払いも済んでいるので宿泊カードへ記帳のみ。 ルームキーを受け取りお部屋へ上がります。

建物が中庭を囲んだ “ロ” 字に配されているのですが、お部屋はエレベータのほぼ対角。^^; 一番遠い部屋でした。(笑) ルームキーでドアを開けると、、もう一つドアが。^^; そこを開けると、、、縦長ですがとても広いお部屋でした♪
デラックスツインのお部屋 デラックスツインのお部屋 トイレ・バスルーム サブ洗面?ルーム

実は今回、妻が利用しているネットサービスで丁度特別宿泊プランが出ていて、格安でデラックスツインルームに泊まる事が出来ました♪(*^_^*) …しかし、お部屋の造り&ベットの天蓋にビックリです。(笑) ホテル内の造りと良い、こだわってます。 w

簡単に荷物を整理した後、ぶらりと札幌駅方面へお散歩。 途中ロードヒーティングが入っている所は雪が溶けて歩きやすかったのですが、入っていない所も有り恐る恐る。(笑) でも、昨シーズン買っておいた雪国用靴が威力を発揮し、ほとんど滑ることなく歩けました。(^^)

妻が新しく購入したカメラにまだ予備バッテリーが無かったので、すぐ近くにあったビックカメラで追加購入です。(笑) そのまま札幌駅前へ行くと、、、丁度成人式だったので、地元TV局が新成人を捕まえ生中継していました。(^^)

一旦ホテルへ戻った後、夕食時になったので再び札幌駅地下のお店へ。 ガイドブックで見付けたお店へ行くと、、、店内はタバコの煙がモウモウ。。。(--;) 我が家はタバコを吸わないので、食事時に煙い所で食べるのは苦痛です。 なので、別のお店へ。。。 ご当地料理のお店が見つからなかったので、パスタのチェーン店w で夕食と相成りました。^^;

その後は、番頭の野暮用。(笑) 今回の旅行中、スマホに入れているデータ通信用プリペイドSIM の有効期限が切れるため、継続せずに新しいプランのSIMを買おうとの魂胆です。^^;
新しく購入した、スマホ用データ通信プリペイドSIM

宿に戻ってゆっくりTVを見ると、、、関東の大雪状況がバンバン流れていました。^^; どうやら我が家が羽田を飛び立った1時間程後から支障が出始め、空港が閉鎖になったようです。 危なかった~。(^^;ゞ 羽田で見たあの嵐JETも、羽田には戻って来られなかったようです。
こうして、1日目は過ぎていきました。

« 2012 Summer♪ "のんびり Hawaii旅行" Vol.7 [Final episode] | トップページ | 2013 Winter 極寒の北海道へ Vol.2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012 Summer♪ "のんびり Hawaii旅行" Vol.7 [Final episode] | トップページ | 2013 Winter 極寒の北海道へ Vol.2 »

東京電力の消費電力量

天気

  • weathernews

番頭のオススメ Blog!

無料ブログはココログ