フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー「ぱしふぃっく びいなす 回想記」の2件の記事

2006年9月 5日 (火)

ぱしびい 回想記シリーズ[2] ~02/05 新緑の宿毛・屋久島クルーズ~

回想記シリーズ第2弾は、2ヶ月連チャンでクルーズに行った「新緑の宿毛・ 屋久島クルーズ」をご紹介します。(^^;

このクルーズ、出航は名古屋港だったのですが、伊勢湾を南下し外洋に近付くにつれ、海上は時化模様。 (^_^;) 先の思いやられるクルーズでした。
外洋は時化模様。。

ところが、、昨日までの時化とはうって変わって翌朝は良いお天気。 純白の船体が朝日でまばゆいばかりです。
純白の船体に朝日を受けて

高知・宿毛港では、地元の方による熱烈な歓迎セレモニーがありました。  地元のケーブルテレビ局(?)も取材に訪れ、 Yキャプテンのお礼の言葉を収録していました。(^^)
TVカメラが収録中

対岸の丘から、ぱしびい を撮りました。(^-^)
宿毛港に停泊中の ぱしびい

更に翌日は、鹿児島県・屋久島に寄港。 ここの港は埠頭の長さが足りないので、テポラポッドに舫綱をかけて接岸していました。 (^_^;)
テポラポッドに舫綱をくくりつけ。(苦笑)

屋久島出港直前まで降っていた雨も出港時には上がり、島を離れると夕日が顔を覗かせました。
雲の切れ間からのぞいた夕日  船体も夕日に染まります

更に翌日、夕日が沈む直前の名古屋港へ入り、名港トリトンをくぐる頃には夜の帳が降りてきました。
シルエットが浮かぶ、名港トリトンの斜張橋。  マストの上空には、お月様が浮かんでいました。

[新緑の宿毛・屋久島クルーズ 2002/05/16~05/19]

2006年8月31日 (木)

ぱしびい 回想記シリーズ[1] ~02/04 小笠原・鯨探しクルーズ~

よくよく考えたら、大好きな船旅、それも ぱしふぃっく びいなす のカテゴリーを作っていない事に今更気がつきました。 (^_^;) 今から過去の記事を編集すると巡回ソフトをご利用の方にご迷惑をおかけしますので、 これから先の記事でこのカテゴリーを利用していこうと思います。(^^;ゞ

カテゴリー追加記念、、って訳でもありませんが、過去乗船した時に撮った画像を、回想記風に簡単にUPして行こうと思います。(だ、 誰ですか? 『ネタ切れちゃうん?(笑)』って言っているのは?(苦笑))

第1回目は、デジカメデータで画像があった 2002年04月の「小笠原・鯨探しクルーズ」の画像からスタートです。
小笠原・父島にて (2002/04/05 小笠原・父島 二見港沖にて)

このクルーズでは、大型低気圧とばっちり進路があってしまい、往復とも一時8mを超す大時化のクルーズでした。 (^_^;) 時化で船内のグランドピアノの足が折れてしまい、ある意味 "伝説" のクルーズです。(苦笑)

クルーズディスクに吊されていたてるてる坊主 (2002/04/06 小笠原出航直後の深夜の船内にて)

新ターミナル完成前の横浜・大桟橋 (2002/04/07 新ターミナル完成前の横浜・大桟橋)

東京電力の消費電力量

天気

  • weathernews

番頭のオススメ Blog!

無料ブログはココログ